風俗で性病になる確率は高い!可能性のある病気一覧、感染者の末路

風俗で性病にの解説記事のアイキャッチ画像 女性のSEX事情

自分の彼や旦那さんが風俗に行くの、絶対に嫌ですよね!

 

お店だろうが愛情があろうがなかろうが、とにかく自分以外の人とエッチな行為をする、もうマジで無理!!

 

中には平気な女性もいますが、平気でも嫌でも平等に降りかかるリスクが性病!!

 

浮気だ信用できなくなるだの話も大事ですが、自分のパートナーが風俗を利用して性病に感染、そんな事を知らずにセックスして自分も感染なんて事などなど、恐ろしい事にも・・・。

 

ハッキリ言って、風俗で性病になる確率は高い!

きちんと予防対策をしている風俗店や風俗嬢の人だっていっぱいいるでしょう、しかしそうでないとこも多いので、全体的に考えたらどうしても確率として高いです。

 

行けば必ずかかるわけではありませんが、感染のリスクはあるもの。

 

という事で今回は、風俗での性病について解説していきます。

エロボイスに合わせて自動でギュイギュイ動く

さくらの恋猫
恋猫レビュー記事はこちら

おもな性病6つについて徹底解説

風俗に通うと起こりやすい性病6つについて解説します。

 

その多くは無症状で気が付きにくいというのが共通して言えます。

 

ただし、進行が進むと重篤な病気になりやすいので初期治療が重要となってきます。

 

簡単に風俗でスッキリしたいというには病気になったら代償は大きいと言えますね。

 

クラミジアの症状

クラミジアといわれ正式にはクラミジア感染症とよばれ、細菌の感染症のことを指します。

 

これは最も多い性感染症として知られるようになり、セックスや性行為が盛んにおこなわれる若い世代に多く見受けられます。

 

中でも女性が男性の2倍以上感染していますが、女性の7割、超男性の半分が無症状といわれています。

 

そのほとんどが性交渉で感染します。

 

感染ルートとしては通常の性交渉によって男性尿道と子宮頸菅で感染したり、そのほかに咽頭や直腸が感染源になる、オーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)などが考えられます。

 

クラミジアの女性の症状としては、性交痛、下腹部痛、排尿痛、帯下の増量や不正出血など。

 

ただ、無症状がゆえほったらかしてしまい、子宮頸管炎から卵管炎にになり、卵管狭窄を引き起こします。

 

これは、子宮外妊娠の原因や不妊症につながる危険性があります。その他には、骨盤腹膜炎、肝周囲炎の恐れもあり大変注意が必要な病気です。

 

梅毒の症状

梅毒は性交渉によって感染する病気です。

 

赤い発疹がヤマモモに似ていることからこの名前がつけられました。

 

全身に様々な症状が出ます。

 

早期の投薬で完治しますが、一旦治療が遅れると脳や心臓に達する重篤な合併症を引き起こすことがあります。

 

また、再発する場合もあります。

 

性器ヘルペスの症状

ウイルス性の性感染症で陰茎など性器に水ぶくれや赤いブツブツ、潰瘍などができます。

 

感染者との性交の際に水ぶくれの中にウイルスが存在し、接触した女性の皮膚や粘膜に感染します。

 

淋病の症状

淋菌という菌の感染により発病する感染症です。 1990年代半ばから増加の一途を辿っています。

 

男性の淋病の症状 淋菌性尿道炎、淋菌性精巣上体炎

女性の淋病の症状 淋菌性子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、子宮付属器炎(卵管炎、卵巣炎)、骨盤腹膜炎等

 

カンジダ症の症状

カンジタというカビが女性の膣や外陰部に感染する病気です。

 

女性性器の感染症の中で多くみられます。

 

再発する人も多い病気です。

 

疲れやストレスによって抵抗力が落ちた時に発病することが多いのですが、本来は健康な女性も持っている常在菌なので誰でも発病する可能性のある病気です。

 

また、再発を繰り返しやすいことでも疾病とも言われています。

 

HIVの症状

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)の略で、免疫細胞に感染するウイルスです。

 

HIVに感染しても、数年間は無症状の時期が続きますが、だんだんと体の免疫機能が低下します。

 

HIV感染で免疫力が低下し発症する病気のうち、厚生労働省が規定する代表的な23の合併症のいずれかを発症した状態をエイズといいます。

 

風俗に行ってしまう理由7つ

こんな病気が潜む危険性があるにもかかわらず、どうして彼は風俗にいってしまうの、私がいながら。

 

きっとこう思っていますね、彼が風俗に行ってしまう理由を探ることで解決の糸口がつかめそうではありませんか。

 

まずは相手を知ることから始めましょう。

 

理由1 人一風変わった性癖をあなたに言えない

あなたとのセックスに満足できないのではなく、彼の性の思考が変わっていると彼自身も自覚があり、それを告白することができず、つい風俗で解消してしまうケース。

 

理由2 やっぱりいろんな人とのセックスをやってみたい

男性の本能でしょうか、どうしても一人の女性では満足できず、いろんな女性といろんなタイプのセックスをやってみたいという欲求から風俗を選んでしまうケース。

 

理由3 付き合いでついつい行ってしまう

男友達や会社の同僚や上司といった、いわゆるその場の空気とノリで断れずに行ってしまうケース。

 

これを断ると、友達関係や、仕事上の人間関係が悪くなってしまうのを恐れていることが多い場合があります。

 

理由4 生活の一部になっている

あなたと知り合う前から通っていて、もう彼にとっては生活の一部となっていて今更変えようがないと思っているケース。

 

理由5 あなたに不満がある

あなたとのセックスに満足しきれず、それを補うためにも風俗に通ってしまうケース。

 

理由6 自己中心なセックスをしたい

性商品を買うということで気兼ねなく自分本位のセックスをしたいという願望があるケース。

 

理由7ストレス発散

やっぱり風俗はストレス発散の場所だと思っているケース。

 

どうしたら彼に風俗をやめてもらい行かなくなるようにするには

いろいろ風俗に行く理由を並べると、あなたが解決出来そうな理由も見当たりませんでしたか?

 

これらを元に、彼に風俗をやめてもらう、行かせない方法は3つをご紹介します。

 

十分な話し合いをする

こういったセックスの話を面と向かってまじめに話するのってなんだか恥ずかしいし、野暮ですよね。

 

でも風俗に行った場合の病気のリスクを考えてください、やはり女性が圧倒的に不利です。

 

やっぱりあなたが主体となってこの問題を解決していく必要があります。

 

あなたのカラダのことはもちろん、これなら行かなくて済むという解決方法を2人で話し合うほかに手段はありません。

 

カラダを鍛える

付き合いが長くなると、だんだん馴れ合いになって恋人なんだか長年連れ添った老夫婦なのかわからなくなる時ってないですか?

 

男性は勝手なもので、男性自信も太ったり髪の毛が寂しくなったりしていることはひょいと棚に上げ、あなたの体型について文句を言ったり、からかったりしませんか。

 

ここは一念発起、見返してやりましょう。

 

逆に言えば、男性は簡単なものですよ、いい女を連れて歩いて抱きたいんです。

 

あなたがスッキリしたカラダで現れてください、必ず彼は見直すし惚れなおします。

 

もしもそれでダメだったとしても、美しいスタイルになれたあなたを他の男性が放っておくわけがありませんから、新しい出会いにも期待できますしね。

 

スキンシップをまめにとる

やっぱり行き着くところはここではありませんか?

 

出会った頃のような情熱(パッション)、今も持ち合わせていますか?

 

女性より男性の方が性欲があるとは思いませんが、とかく男性は求めがちですよね。

 

セックスであなたを確認したい、身も蓋もないけどセックスがしたいんです。

 

セックスもう嫌ですか?嫌だけど彼には風俗も行って欲しくないんですか?

 

こまめにスキンシップを取ることでグンと風俗への気持ちは薄くなっていきますよ。

 

風俗で性病に!病気の種類別の対策、恐ろしい末路を解説!パートナーにも被害が出るので 相手を行かせないようにする方法も!まとめ

彼を風俗に行かせない方法3つと書きましたが、逆に言えばこの3つ以外はあなたは蚊帳の外で解決できません。

 

どうしても風俗が好きでやめられない彼だったら、別れるのか、そういうものだと割り切って見守るのかの2択なんです。

 

風俗に通うリスクを理解した上で、あなたと彼氏の関わり方について深く考えていく必要がありますね。

 

さあ、頑張って彼に話してみましょう。