パパ活と援交の違い|相場額やする内容、気軽さや危険性を解説

パパ活と援交の違いについて解説記事のアイキャッチ画像 出会い

マスコミでも取り上げられるようになり、一般的な言葉となった「パパ活」。

 

『だけど、知らない男性にお小遣いをもらうってことは援交だよね・・・』、と認識している女性も多いのではないでしょうか?

 

今回はパパ活と援交の違いについて解説します!

 

エロボイスに合わせて自動でギュイギュイ動く

さくらの恋猫
恋猫レビュー記事はこちら

パパ活とは?

パパ活とは、女性が経済的に余裕がある男性と、食事をしたりカラオケやデートなどをして、その対価としてお小遣いやプレゼントを受け取る活動のことです。

 

最近は類似の言葉として「兄活」(若い男性とデートをして交通費程度を受け取るもの)なんてものもあるので、パパ活を行う男性は主に中高年のおじ様ということになります。

 

多くの場合、twitterなどのSNSやマッチングアプリ、デートクラブなどで出会い、twitterのDMやLINEやkakaoなのメッセージアプリで連絡を取りながら実際に会う、ということになります。

 

パパ活は、マスコミに取り上げられるようになってから、かなり一般的になってきました。

 

東京などの大都市圏では、パパ活募集のツイートや掲示板はSNSやマッチングサイトには非常に多くあります。

 

援交とは?

よくパパ活と援交は同じ意味と捉える方も多いのですが、援交とは少し違う側面を持っています。

 

援交は昔からあるように女性が男性からお小遣いをもらい性的な関係になることを指します。

 

一方パパ活は、必ずしも性的な関係を伴いません。

 

男性側がどちらの場合でもセックスを望んでいますが、パパ活女子は、性的関係はNGな人も多いです。

 

中には個室でのデートはNGという人もいます。

 

こうした性的関係を伴わないパパ活は、援交だけだった時代には男性に敬遠されていましたが、パパ活が一般的になってきた今はそれを受け入れる男性も多く、セックスを望んでも拒否するとあっさり引き下がることが多くなりました。

 

なお、それでももらえるお小遣いの額が違うので、パパと性的関係をもつ女の子もいることは事実です。

 

パパ活と援交の違い

それでは、実際パパ活と援交との違いを詳しく見ていきましょう。デート中に行うことが違うので、内容や相場、そして危険性がもちろん違ってきます。

 

内容

前に述べたように、パパ活は必ずしも性的な関係が伴いません。

 

パパ活募集の女の子の募集内容を見ると、

 

「健全なデート」

 

「NGなこと・・・性的関係」

 

「個室NG」

 

のような文言が並んでいることがあります。

 

事前の条件で性的関係にはなりません、ということをはっきり謳っていますね。

 

実際会って何をするのかというと、ちょっと高級なお店で食事したり、カラオケに行ったり買い物に付き合ってもらったり・・・と普通のデートと何ら変わりません。

 

ただし、その時かかる費用は交通費を含め全額パパ持ち。

 

加えてお小遣いやプレゼントがあります。

 

一方援交は、会ってすぐラブホテルへ直行・・・というケースがほとんど。

 

食事などもするケースがありますが、必ずホテルがついてきます。

 

なお、カーセックスやインターネットカフェやカラオケ店などでセックスするケースも中にはあります。

 

これは一人に対する時間を短縮するためすぐ終わらせたい女性やホテル代をケチりたい男性がやるケースですが、ちょっと引きますよね。

 

相場

さて、デート中の内容が違うので当然もらえるお小遣いの相場が違ってきます。

 

これも性的なことがありかなしか、1回きりか定期か、大都市か地方か、などでだいぶ変わってくるので一概にこの金額というものはないのですが、おおよそ次のような金額となります。

 

【パパ活(性的関係なし)】

食事のみ・・・1万円〜3万円

 

食事+2〜3時間デート・・・2万円〜3万円、場合によってはプレゼントがついてきます。

※デートにかかる経費は上記に加えて男性負担

 

【援交(性的関係あり】

2万円〜10万円

※ホテル代、食事に行った場合などは、上記に加えて男性負担

 

こうしてみると、安く援交するよりもちょっとリッチなパパを捕まえたほうが、稼げる場合もある、ということがわかります。

 

知らない人とのセックスに抵抗がない人はいいですが、大抵の人はちょっと嫌だな、という気持ちがあると思います。

 

パパ活したい人はリッチなパパを捕まえることを頑張ってみるといいのではないでしょうか。

 

一度知り合ってしまって複数会うことができればその分お小遣いはもらえるので、セックスなしで満足いくパパ活ができると思います。

 

危険性

パパ活も援交も基本的には知らない男性と会うことになりますので、当然リスクが伴います。

 

パパ活であっても基本的に男性はセックスを望んでいますので、そのことは念頭に置いてパパ活しなければ、なし崩し的に望んでいないセックスをする可能性もあります。

 

また、当然パパに家庭があれば、奥さんにバレた場合、最悪損害賠償請求を起こされる可能性もあります。

 

パパ活を行うときは十分ご注意ください。

 

援交は、これに加えてさらに危険性があります。

 

知らない男性との性行為は性病のリスクにさらされますし、コンドームなしでセックスした場合は望まない妊娠、ホテルでからだを触らせるだけという話だったのにレイプされてしまった、やり逃げされた・・・などの話は後を絶ちません。

 

また、セックスを匂わせながらの募集行為は法律によって処罰されることもあります。

 

なお、援交はもちろんパパ活も世間的にはあまりいい顔をされない活動です。

 

バレないようにやることも大事です。

 

良いパパ活を行うには?

パパ活は良いパパと出会うことができれば、性的な関係なしにお小遣いやプレゼントなどが期待できますが、男性側は最終的にはセックスを望んでいることを念頭に置いて、男性とコミュニケーションをとる必要があります。

 

早期にセックスを望んでくる男性は良いパパではない、と判断してもいいです。

 

じっくり素敵なパパを探して、見つかったら長く楽しむ。そんなパパ活ができるといいですね。