膣キュンとは?男性必見!女性に膣キュンさせる方法

膣キュンとは?解説記事の画像女性のSEX事情
ヨーコ
ヨーコ

膣がキュンとくるようなときめきを感じると、一瞬でいつもより濡れることがあります。

 

今回は男性に知ってほしい、参考に出来たら女性は喜ぶ、膣キュンでいつもより濡れさせる方法!

 

エロボイスに合わせて自動でギュイギュイ動く

さくらの恋猫
恋猫レビュー記事はこちら

恋猫公式サイトはこちら

編集部いちおしクンニされまくり動画!HD版が98円!

サンプル動画を見てみる

膣キュンとは?心が喜んでキュンキュンする、嬉しくて興奮すること

「膣キュンって何?」というアナタ、膣キュンとは、『この男の人かっこいい!』といったもろにタイプな男性に出会った時や、性欲をかきたてられるエッチな状況になった時の心情を例えた言葉、比喩(ひゆ)表現、または実際に女性が性的興奮した状態を言います。

 

実際にじわっとやトロッとと膣から愛液が染み出てくる状態の事も膣キュンと言えます、男性が興奮して勃起するのに近いですね。

 

女性の気持ち次第で膣は濡れます、膣は濡れるんです、もしかしたらちんちんが勃起したり萎えたりするよりも、濡れる乾くの方がより心と密接かも!

 

エッチでたっぷり愛撫されたりしあったりで濡れる人もいれば、日常のちょっとした場面でも濡れてしまうという人も現実にいます。

 

ヨーコ
ヨーコ

この辺は男性で言うと、生足を見て「おっ♡」と反応&興奮で勃起するような感じが近いかなと。

 

もうちょっと具体的に言うと、膣がムズムズする、うずくみたいな感じ

『この人、異性として良い!』、『ドキっとさせられた』といった時、膣がムズムズするというか、うずくというか、膣キュンした時ってそんな感じがするんですよ。

 

なーーんでだろ?と思って調べてみると、膣キュンすると膣への血流が増すみたいで、だから濡れるという事らしい、なるほどなるほど。

 

男性の感覚で言うと、女性にセクシーさや可愛さを感じた時に、「やばい、この人とエッチしたい!」と思って勃起するのに近いかもですね。

 

膣キュンして濡れるシチュエーション三選

女性が思わず膣キュンしちゃう3大シチュエーションをご紹介!

 

3つのシチュエーションには”相手への好意”という共通点があるので、世の男性は『これすれば無条件で俺に膣キュンするんだ♪』と勘違いしないよう注意!(笑)

 

膣キュンシチュエーション1 好みの男性の事を想像した時

好きな人の事を想う、想像するのは女性も男性もするもので、両思いでも片思いでも思わず膣キュンしちゃうものです。

 

付き合ったり結婚したりとカップルになっていなくても、『今何してるかな』、『この間会った時のあれ楽しかったな』と想像したり思い出したりと、好きな男性の事を考えると心がキュンとする感覚になりますし、セックスの事も多少なりとも考えるものです。

 

膣キュンシチュエーション2 好みの男性を見た時

想像だけでも膣キュンするのですから、当然、見た時にだって膣キュンします。

 

姿を見かけるだけでなく、普段と違うギャップのある様子を見るといった事も膣キュンポイント!

 

膣キュンシチュエーション2 相手の体に触れる

大好きな人とは肩を抱かれたり、手をつないだり、体のタッチによって、思いきり感じやすい人は触れるだけでもマジで濡れます

 

心が温まって幸せな気持ちになり、「キスでもなんでも今すぐにしてほしいよ!!!」と心の中で叫ぶことでしょう。

 

我慢しきれない女性は自分から食らいつくかも!?

 

勘違いしちゃいけないのが、”女性=触られたら濡れるというわけではない”という事。

 

嫌いな人相手はもちろん、なんとも思ってない人、恋愛感情がない人に触られても、基本的には膣キュンするわけ無し!

 

漫画とかである、転びそうになった時にとっさに支えてくれるみたいなのは良いですよね、ああいうのなら恋愛感情がなかった人にされても膣キュンしちゃうかもですが、基本は無し!

 

それと、好きな人相手だからって、触られれば必ず濡れるというわけでも無し!

 

大切なのは、”良いタイミングで、なおかつ好きな人とイチャイチャしたり、ときめきを感じる触れられ方をされたら”という事。

 

膣キュンシチュエーション2 キス

 

これは、ね、これこそ女性に限らずですね。

 

というよりも、キスだけならまだしも、キス+愛撫しちゃったらもうエッチに移るしかないですよね(笑)

 

歯の後ろ側から舌でなぞったりですとか、首筋、耳、胸の先端、これらを舌先を固くして舐めるともうね、たまらないですね。

 

そして、乳首への愛撫はないがしろにしないでほしいところ!

 

吸われるのもコロコロいじいじされるのも快感間違いなしです。

 

あっさりと膣にいかない分、焦らされ効果で『触ってほしい・・・♡』と膣キュンしちゃいますし♡

 

あ、あまりにも乳首を刺激し過ぎると慣れてない女性は特にですが、ヒリヒリやジンジンと痛くなっちゃうので気をつけてくださいね。

 

ヨーコ
ヨーコ

もちろん、膣のGスポットを狙っていくのも良いです!!

 

膣キュンワードは最強!

これは男性にも女性にも言えるお題ですね。

 

「この言葉にはどうも弱い!」というようなワードはありますか?

 

私の個人的な膣キュンワードで、例えると

 

「頑張りすぎちゃダメだよ」

 

「大好き」

 

「ぎゅってしてもいい?」

 

これらは私の中でどツボです。

 

そのほかにも人によってワードがあると思うので、それを付き合っている内に知れたら良いでしょう。

 

ヨーコ
ヨーコ

漫画やドラマの話題からだと、『こういうの憧れる』ってのを聞き出しやすいですよ。

 

こんなプレイをされると膣キュンで濡れる♡

ただただいつも同じくエッチをしていれば、マンネリしちゃって飽きることもあります。

 

そこで「もっと快楽を味わいたい!!」と思い生挿入しようとする男性もいますが、簡単に流されないでください。

 

生挿入は気持ち良いです、やっぱり好きな人と直接繋がっているという部分の興奮と幸せ感は格別♡

 

敏感な女性ならゴム無しでのヌルンヌルンとゴム着用時よりちんちんが出し入れされてるのを感じ、いつも以上に気持ち良くなるもの。

 

しかし、望まない妊娠のリスクや何かしらの病気にかかってしまうかもなリスクも当然上がるので、ちょっとでも気持ちに迷いがあるなら、準備もちゃんとしてないなら、マンネリ打破のノリだけに流されて生挿入せずにちゃんと回避しましょう。

 

そんな時におすすめなのが、「体位」を変える方法です。

 

いつも正常位でエッチをしているのであれば、例えば騎乗やバックも良いです。

 

ヨーコ
ヨーコ

48手に挑戦するとかも良いです♪
それか、いつもしている体位でも動き方を変えてみると効果的です♪

 

体位を変えるよりも、もっとおすすめがあります。

 

それは「おもちゃ」や「エッチの場所」さらに言うなら「設定を作ったプレイ」が良いでしょう。

 

「おもちゃ」に関しては「媚薬」ですとか「ローター」、そういった大人のおもちゃも楽しいものです。

 

ローターが一番使いやすく、なおかつ幅広く気持ち良さを味わいやすいかなと思うので、迷ったらまずローターがオススメです。

 

女性をアンアン泣かせてしまいましょう(笑)

 

ヨーコ
ヨーコ

大人のおもちゃは手軽に快感を味わえやすいので、初心者ほどオススメです!

 

大人のおもちゃ(アダルトグッズ)を使う以外で言えば、「場所を変える」ですが、これはかんたんに気分転換できる内容ですね。

 

では「設定を作ったプレイ」のお話をします。

 

内容はなんでも良いです。

 

電車での痴漢ごっこであったり、教師と生徒やお医者さんと患者・・・といった遊びを使えばより変化が心地よくなります。

 

膣が濡れなくなってしまった

このようなことありませんか?

 

女性の女性器はものすごく敏感です。

 

気持ちよくなる時はもちろんありますが、それを超えて、女性にその気がなくなってくると膣は自然と乾きます。

 

ではどうなるのでしょうか?

 

乾いたままの愛撫

これほど痛いものはないです。

 

ちなみに私も経験あるのですが、喧嘩をしたわけでもないのに二人の温度感が冷えることがありました。

 

その際、彼氏はイラつきながら私の膣に強引にきつく抜き差しされたことがあります。

 

もうね、ぶっ飛ばしたいくらい痛くて痛くてたまりませんでした。

 

どんなに言っても止めてくれない、車での行為だったので車から出ようとしても許してくれない。
そんなことがありました。

 

その際はあまりにもひどく痛がっていたら出血に。

 

ここでようやく本当に嫌がっていたと彼氏は謝ってきました。

 

絶対に乾いたときは、どんな理由があろうとやめましょう。

 

膣キュンのまとめ

今回は膣キュンとは?と、膣キュンしちゃう行動や言動について解説しました。

 

ときめきを感じる、興奮を感じると幸せな気持ちになれるのは男性・女性どちらも同じですよね。

 

だからこそ!このページを見ている男性には、ぜひぜひお相手を膣キュンさせて喜ばせてあげてほしい!

 

親密になれますし、膣キュンすると男性側もエッチが気持ち良いでしょうし♡

 

ただし!誰が相手でもしまくってOKとか、もともと親密だからどんなのでもOKではありませんからね。

 

関係性、タイミング、シチュエーションは大事!

 

楽天TVのバナー画像