女性のSEX事情

新春オトナのスポーツスペシャル 第1回 性欲駅伝2019

投稿日:

みなさん、新年明けましておめでとうございます。

ミドリです。

昨年は私と出会ってくださって、本当にありがとうございました。

今年は更に狂い上げ、皆さんを狂乱の世界へ誘うことができれば至極光栄とも言えるでありましょう。

2019年も、どうぞよろしくお願いします!

 

「駅伝」とは、滑稽な竿争い

個人的にお正月に必要不可欠なのが、駅伝ですよ。

皆さんも見られました?

駅伝選手の鍛え上げられた太もも、上半身のしなりに対し、締まりのいい尻。

至極最高ですよね。

スタートのアナウンスでは毎年

「21本のたすきを胸に、今スタートです!」

とか何とか言いますけれど、私には21本の竿が走っているようにしか見えん。

よりどりみどりの竿のデパートじゃないですか。

「奥さん!こっちの方が1センチデカいよ!」

「確かにデカいけど、味の方も大ぶりなんじゃない~?

しかも養殖はちょっとねぇ。」

「じゃあこっちは!小さいけど、鮮度は抜群だよ!」

「まぁ確かに。小ぶりだけど色つや、膨張率、共に悪くはないわね。

よし、買い!」

そして売れ残る左曲がり。

 

はたまた

「俺の方がデカい!」

「いやいや、実は俺の方が一寸ばかりデカいんだって!」

「うるせぇ!俺だってフルボッキすればあと3ミリくらいはいけるのに!

スタミナ付けるのに昨日焼肉食べれば良かった~!」

「ウチもだぜぇ~。よりにもよって、母ちゃんがカツ丼とか出すからよぉ。」

「俺なんて左曲がりだから、採寸ちょっと理不尽すぎない~?」

こういう事でしょう。

 

しかし新年早々、酒飲みながら若い男の太ももと尻が見られるって、とんだ贅沢ですよねぇ。

なんせ日本男児のフレッシュなボディっていうのは、中華人民共和国の宝ですから。

若い種どんっどん撒いてもらう為にも、関東農政局は一刻も早くフレッシュボディの汚染防止に努めてほしい次第~!

 

駅伝にトキめいたきっかけ

 

実は私の実家って、駅伝コースの沿道沿いなんですよ。

でも初めから駅伝に興味があったかというと、全くもってそんな事はなくて。

地域柄テレビ観戦したり、たまには沿道に出て旗なんか振ってみたりもしましたけれど、それでも「寒い」の方が勝つ始末だし。

でも、転機が訪れたのが大学生の時。

たまたま前年の同窓会で会った同級生の通う大学を応援する事になったんです。

そこで驚いたのが、昔ポンコツとして名高い小学生だった彼女が超優秀な大学に通っていたこと。

彼女は昔、理科の実験でアルコールランプを使用した際、髪を燃やし教室中に異臭を放った事のある経緯から、以来私の中ではコッソリ「ポンコツ」と呼ばせてもらっていたんだけど。

なんとその彼女、「ポンコツ優等生」に無駄な進化を遂げていたわけですよ。

そして頼まれた通りに沿道に陣取り、今度こそしっかり選手を応援することになりましたけど、初めて気付いた。

速い。走るスピードが

関西人が見たら100人に100人が「ごっつ速い」とか言い出すと思う。

アメリカ人が見たら「super fast」

関東人は「超速いジャン」

ルー大柴なら「このワンダフルなヒューマンはとてもクイック!

まさにウォーターを得たフィッシュだね!

オーライ、ステージは私たちがウォームしといたから!

ヘルプしてるよ!だからこのフォースでゴーゴゴー!」

でファイナルアンサー。

そして感動と共感を呼び起こす、ひたむきな姿。

滴る汗。

何これ、超かっこいいじゃん・・・

これが、駅伝にハマることになったきっかけ。

 

非合法と合法の狭間に見える色気に興奮

私は、シンプルにひたむきに、夢を追いかけ走る選手に心を打たれました。

たすきに込められた願い、未来への挑戦。

その覇気満々たるや、圧倒されたの一言です。

そしてここまでひたむきな姿を見せられると、感極まってあのパッとしないポンコツが突如として色彩を増してくるのだからすごいですよ。

別に出場しているのはあのポンコツじゃないのに。

こんなにかっこいいメンツと同じ大学に通うポンコツ、ポンコツのくせにすげ~といった感じ。

分かりにくいと思うから説明すると、疎遠だった、しかも昔パッとしなかった同級生に久しぶりに会った際

「え?あのジャニーズの〇〇君と同じ大学なの?!

すっげ~!え、LINE交換しない?学部どこ?今度ご飯行こうよ!」

こんな感じですよ。

もう惚れたの。だって男気がかっこよすぎるって。

それまで正直に言えば自分と同年代の男性を、ここまでかっこいいなんて思った事がなかったから驚いた。

しかも良く見たらさ、ええ身体しとるやんけ。

引き締まった尻。フレッシュな筋肉が凝縮された足。薄い胸板。

もしかしたらデカいかもしれない竿。

全てにおいてパーフェクトボディ(仮)。

「(仮)」っていうのは、竿の確かめようがないから。

少年じゃないけど完全な大人でもないフレッシュな身体っていうのは、実にアンバランス。

その非合法と合法のギリギリ狭間の所に、想像以上の色気が垣間見えるってもんですよ!(興奮)

 

悩ましい1位、2位争いに見るピンポイントな願い

しかしここまで来ると非常に悩ましいのが、毎年私の中でも1位、2位争いがちょっと大変になるということ。

もちろん友人の大学を応援したいのだけど、いい身体つきの男を見つけると理性は保ちつつもやっぱりちょっとね~。

そこでもし花の2区とかでちょっぴりタイプな選手が「ごぼう抜き」なんてしようものなら、ついでに私のハートも撃ち抜かれて・・・

なんてまた変な妄想をしてしまいますけど、それが現実になった事は残念ながら未だない。

もしチームエントリーから追ってきて好みのタイプがいたら、少々遠いけれど2区現地まで応援しに行こうかなぁなんて思っちゃいますよ。(迷惑)

そして一瞬で駆け抜ける私のフィアンセ(仮)を、何としてもこの目に焼き付けようと必死になるのが目に見える。

しかし問題なのが、一体いつになる事やらですよ。

大体好みのタイプが2区を走るなんてピンポイントな願い、そうそう叶うわけなんてないのだから、相当の時間がかかるっていう事はあらかた覚悟はしているんですが。

 

ラジカセ持った性欲おばさん

それでも今から決めている事といえば、その時つい口ずさんでしまう歌は、大〇摩季の「あなただけ見つめてる」であるという事。

遠くからやってくる救急車のサイレン音よろしく、選手が近くに来れば来るほどに歌とテンションのチューニングが見事なまでに一致。

そして最高潮のボルテージを掲げ、挙げ句「ヤバイ ハイテンション~!」の所で警備員に取り押さえられお陀仏ですよ。

それがお説教で済めばいいのだけど、歌詞中にある「バラ色の鎖」ではなく、現実的に色々と問題のある「灰色の鎖」で繋がれようものなら、いよいよこちらの人生まで見事なフィニッシュ。

想像してみてくださいよ。

今から十数年後、40半ばの拗らせ女が、股を濡らしラジカセ持って血眼になり「あ~な~たっだ~けっ見つ~め~てる~っ!」と歌い狂い、「結婚!結婚!さっさと結婚~!」と叫び狂う姿。

かつて有名になった「引っ〇しおばさん」と同じ括りで、時代に名を残す狂人じゃないですか!

いつかの年末「今年話題になったニュース」とかで「ラジカセ持った性欲おばさん」が取り上げられてたら、それ間違いなく私ですから。

事件名は「神奈川騒音性欲事件」

罪名は「ラジカセ規制法違反」

加害者は「ラジカセ持って股濡らしてただけです。正直2区なら誰でも良かった。」などと供述しており。

その時晴れて、実名、顔写真、共に遂に公開じゃないですか!

恐るべし、駅伝マジック(狂)

 

では第5回も最後までお付き合いいただいて本当にありがとうございました!

次回、第6回でまた是非お会いいたしましょう。

ミドリ@性欲おばさん

 

神作
ミドリのコラム 第1回「男の仕草で好きなのはタバコを吸う姿」

みなさん、初めまして。ごきげんようでございます。   この度、こちらで記事を書かせていただく事になりました 「 ...

続きを見る

問題作
セフレに刺されそうになった時の話

皆さん、本日もごきげんようでございます。   突然ですが皆さん。セフレに刺されそうになった事ってありますか? ...

続きを見る

ゲス作
ミドリのコラム 第3回「イルミネーション、始まりました!」

朝晩の冷えと共に、全くもって止む無しにこの世の全てを恨む季節がやってまいりました。 読者の皆様におかれましては、お風邪な ...

続きを見る

衝撃作
誕生日プレゼントに陰毛をもらいました!

いつもと違う風景に、想いを馳せることはありませんか。 皆さん、こんにちは。 本日もお供させていただきます、ミドリ@陰毛育 ...

続きを見る

人気記事

1

  アダルト素材はコチラ こんにちは、ここでは編集長るり丸です✌︎('ω'✌︎ ) ...

2

  編集長るり丸こんにちは♡編集長るり丸です   今回は、恋愛下手な私るり丸が出会い系を初めて使って ...

3

  編集長るり丸こんにちは!編集長るり丸でーす 突然ですがみなさん! Hやオナニーで【最高何回イったことがあり ...

-女性のSEX事情

Copyright© 大人のオンナの事情♀ , 2019 All Rights Reserved.